「テラセ、ヒカリ」

どうも。ご無沙汰しております。(K)@モスクワです。あまりにも久々なのでココの書き込み方を思い出すのに少々てこずりました。

さて、このエントリーのタイトルはモスクワにもご縁がある「たまいぬ」さんこと佐藤敦子さんの個展のことです。ストーンズの「Shine a light」をもじっているのだとか。個展は昨日でフィナーレとなりましたが、終わり間際に伺うことができました。
会場はたまいぬさんのホームグラウンドとなっている恵比寿のギャラリー「Malle(まある)」。

たまいぬさんの個展は4年ぶりだそうですが、その頃のロシ愛に訪問記を書いていないのでたぶん行けなかったのだと思います。さらにその前というと、2007年の「うたう日」。どうやらアルバム制作作業に関連して(R)@モスクワと一緒に行ったと書いてある。そのアルバムはたぶんドミノスカイ、現時点でのモスクワの最新アルバムのことではないかと思われます。
で今回はそういう約束を一切していなかったのに、行ったら(R)がギャラリーの窓際で何かを熱心に見ていました。さらには大学の音楽サークルの先輩女子3名様もいらっしゃって、なんとなくプチ同窓会の雰囲気に。聞けば某川崎の女将も直前までいた、とか、前日には(H)が来た、とか。意外に接近していましたね。

個展の感想自体はたまいぬさんに直メしたのでここには掲載しませんが、偶然にも(R)(K)が揃い、(H)も前日に来ていたとのことなのでモスクワ関連の出来事だろうということでここに記録しておきます。
ちなみにこの日撮った「集合写真」も各種自主規制のためここには掲載しませんが、もし当日いた人でご入用のかたがいれば個別に連絡ください。(K)

本日のBGM:NHKみいつけた!パラダイス
[PR]
# by moskva_world | 2013-10-14 23:33 | (K)@モスクワ

お知らせ

少し機能を分割します。
このブログはロックバンド「モスクワ」の公式裏サイトで、「裏」だからある程度自由に何でも書いてきたけど、やっぱり「公式」のサイトということで書き難い内容もあったりする訳です。
で、個人のブログを立ち上げて、個人的な内容はそちらに書く事にしました。

あまり意識されていないと思うけど、このブログのカテゴリは3つあります。
「aboutモスクワ」と「(K)@モスクワ」、「(H)@モスクワ」の3つです。
そのうち、「(H)@モスクワ」が別のブログに移る訳ですね。

「aboutモスクワ」と「(K)@モスクワ」は残ります。
いや、「(H)@モスクワ」に該当する内容でもモスクワに関する記載をするときは、こちらに書くかも。
いずれにしろ、この「ロシ愛」は、少しまったりとした更新になりそうです。
今後とも、モスクワをよろしくお願いします。

(ご参考):(H)@モスクワの個人ブログは、こちら

本日のBGM:Elephant By The White Stripes
[PR]
# by moskva_world | 2013-09-07 13:16 | (H)@モスクワ
今年の甲子園は準々決勝がハイライトだったかもしれないね。
月曜日だったので観ることはできなかったけど、結果は全部1点差。
僕が書いていたようなきれいごとを吹き飛ばすような「事件」も起きたようだ。
この件については、いつか何か書くかもしれない。

決勝はフレッシュな顔合わせだったけど、共に初戦は大会5日目だった。
つまり観に行った日だ。
良い投手だね、とか話していたけど、まさか優勝投手になるとは。
写真が残っていたので載せておこう。
d0017596_17573391.jpg

さて。
今日は、10日前の話。
8/14(水)は、彼女たちと東京国際フォーラムでグリーン・デイの傑作「american idiot」を下敷きにしたミュージカルを観てきた。
「american idiot」は2004年に発表されたコンセプトアルバム。
郊外の神(Jesus of Suburbia)などと嘯く男が、故郷を出て、21世紀のアメリカで戦争の足音を感じたり、ドラッグの洗礼を受けたり、女の子と出会って別れて、故郷に戻るというような設定です。
重要な点としては何も解決しないということかもしれない。
つまり、折り合いが悪かった親との関係が改善されるとか、自分の進むべき道を見つけるとか、あるいは友情や愛情の大切さに気付くとか、故郷の素晴らしさに目覚めるとか、そういうことは全く示唆されない。
まあ、現実はそうだろうなと思うような内容です。

そして、この話を膨らませて作ったミュージカルの東京公演を観た訳です。
生バンドの演奏をバックに若い男女が躍動する楽しい作品だったよ。
(ベッドシーンやドラッグを使うところがあるので、ちょっと厳しく感じる人もいるかもしれない)
面白いのは歌とセリフの訳が舞台の両脇のモニターに表示されたところ。
舞台の演者を追って、訳を読んでと、大忙しだったな。
まあ、3人で観たことに意味があるってことで。

もう一つ。
グリーン・デイのファン層は10代から20代だと思うけど、結構幅広い層が観にきていた。
帰り際に、60前後と30前後の母娘?が、やっぱり音楽がわかりやすくて良かったねとか話しているの聴いて少し驚いた。
いや、何に驚いたかわからないと思うけど、さすがに60歳の人が聴く音楽ではないと思っていたんだ。
でも自分も娘よりは母の方に年齢が近いんだよな。
10代とか20代の人からみれば、なんでこんな年齢の人が、とか思われていたのかもしれない。

本日のBGM:Whatever People Say I Am, That's What I'm Not By Arctic Monkeys
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-25 17:58 | (H)@モスクワ
サマソニ@大阪会場は舞洲という場所。
USJの一つ先の駅からシャトル・バスで行く。
東京で言うと夢の島とか、あの辺りのイメージかもしれない。
その日の泊りは大阪駅から一駅の福島。
梅田とか福島ってのは東京で言うと東京駅とか大手町とかあの辺だろう。
比較が出来て、なんだか面白いね。

で、サマソニの翌日の話だけど、甲子園に行ったのです。
甲子園は梅田から30分弱で、もちろん大阪府ではなく兵庫県。
東京(関東)で例えると、幕張か横浜か。
いやいや、さすがに、これは比べることはできない。
それくらい、圧倒的で、素晴らしい球場。

蔦は一度切ったらしく((R)情報)、それほどでもなかった。
d0017596_2354321.jpg

あと、この銀傘だよね。
d0017596_23675.jpg

前日まで11対10とか、17対5とかスゴイ試合が続いていたけど、観た2試合(前橋育英/群馬対岩国商/山口、樟南/鹿児島対佐世保実/長崎)は両試合とも1対0。(その勝者が対戦した今日の試合も1対0)
途中、前橋の投手がやけに三振を取っているとか話していたら、9連続で去年の松井君に続く史上2位だったみたい。(別に周りも騒いでいなかったし連続三振は気付かなかった)
マウンドは、その9連続三振の高橋君。
d0017596_2373171.jpg

負けたら土を持ち帰る、それをカメラマンが撮る、変わらない風景。
d0017596_238345.jpg

いや、素晴らしい球場で楽しい野球観戦だった。
もう一度行きたいけど、どうかなあ、機会があるかな。
そりゃあ、作ればあるけど。

本日のBGM:Language. Sex. Violence. Other? By Stereophonics
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-16 23:10 | (H)@モスクワ
サマソニは大阪でも東京でも4会場づつ同時進行する方式。
僕達は、Perfumeとかマキシマムザホルモンとかメタリカとかリンキンパークが出演したメインのOcean Stageには、ほとんど行かずに、ロック色が一番強い(と思われる)Mountain Stageという場所に昼の11時から夜の8時半まで滞在した。
途中、おなかが空いたりした場合は、近くの屋台村まで。
前日の東京の方が暑かった気がしたけど、まあ厳しい暑さで、そりゃあ、かき氷も食べたくなるってもんですよ(たまたま写っていただけで全く知らない方です)。
d0017596_23342213.jpg

2つバンドを観たあとが、お目当てのジェイク・バグ。
ベースとドラムスを引き連れ、スリーピースでの演奏に、途中弾き語りも交えて45分ほど。
デビューアルバムの主要な曲は全部演ったし、シンプルで気持ちのいいライヴだった。
アレンジも良かったし、ボーカルとギターの表現力も素晴らしかった。
ただあれだね、表現力は素晴らしいけど、声のカリスマ性って意味では、最高というほどではなかったかな。
きちんと聴く人を納得させるものはあるけれど、聴く気のない人を強引に引きずり込む力はないというか。
まあ、19歳の少年に高望みし過ぎているのかもしれない。
彼はもちろん引き続き要チェックだ。
d0017596_2335237.jpg

その次のバンドはパスして昼飯。
そして、(R)も結構良かったと言っていた、アメリカっぽいイギリスのバンド・ステレオフォニックスからチープトリック。
チープトリックは正直言って厳しい感じだったけど、1曲目がギターアレンジの「ドリーム・ポリス」なら、そりゃあ盛り上がるってもんですよ。
その後のストーン・ローゼズもそうだけど、若い人達が演奏に合わせて歌っていたのは、今回印象に残った。
僕達が、ストーンズのライヴで初期の曲を歌うようなイメージか。
君たちがいるならロックは大丈夫だ。

最後に。
ステージが4つある関係で、サマソニでは入場の際にチケットをリストバンドと引き換える。
リストバンドは締まるけど外せない構造になっていて、不正防止と入退場の簡略化の役割をしている訳だ。
このリストバンド、結局2日後の朝、会社に行く際に切るまで付けていた。
あわせた訳じゃないけど、(R)も翌日、品川で新幹線を降りるまでは付けていた。
なんとなく、その場にいた証明というか、外すのが惜しかったんだよな。
d0017596_23354185.jpg

次回は、今日観た(その3)の話か、サマソニ翌日の話の予定。
それでは。

本日のBGM:Jake Bugg By Jake Bugg
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-15 00:05 | (H)@モスクワ
何か大阪より東京の方が暑いような感じがする、熱が籠っているというか。
気のせいのかもしれないけど。

さて。

サマソニ@大阪、翌日の話と色々あるけれど、まずはストーン・ローゼズの話をしなければならないだろう。
サマソニは家から500キロの大阪と5キロの幕張で土日入れ替えが基本だけど(つまり大半のバンドはどちらの会場でも観る事できる)、ローゼズは大阪のみ。
だから大阪まで行ったのである。
そして確かに行った甲斐があった。
ライヴから2日が経ったけど、まだ痺れるような余韻が残っている。

ストーン・ローゼズは不思議なバンドだ。
最強と言ってもいいドラムスとベースに比べて、ボーカルが明らかに弱い。
下手でもカッコいい「ヘタウマ」というのがあるけど、それとも違う。
アルバムを聴いてもなんとなく垣間見えるけど、ライヴだとより顕著だ。
僕は1989年の初来日の東京公演に行っているけど、今回は10メートルくらいの距離で観たせいか、その時より明らかだった。

それでも、なお、彼等のライヴは最高だ。
ボーカルが弱々しいので、観客のシンガロングの声で、非常に聞き取り難い。
しかし、彼等は2枚しかアルバムを出していないので、演奏する曲のほとんどすべてを観客の大半が知っている。
つまり。
最高の楽曲と、最強のリズム隊、個性的なギター、弱々しいボーカルと観客の大合唱まで含めて彼等のライヴなのだ。
特に1stアルバムの覚え易い何曲かの時の高揚感はなかなか味わえないものだった。
映像や音源を後から観たり聴いたりしても伝わらないだろう、と思う。
その場にいなければ絶対にわからない、気がする。
貴重な経験だったな。
d0017596_057428.jpg

残りのバンドと翌日の話は次回。

本日のBGM:The Stone Roses By The Stone Roses
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-14 00:59 | (H)@モスクワ

1日前、準備は完了

しかし暑いね。
なんか生まれてから一番暑いような気がするけど気のせいだろうか。

そんな中、明日はサマソニ@大阪with(R)@モスクワです。
念のため書いておくと、サマソニはロックフェスティバルの名前で、最初の@は会場の場所、(R)は人の名前で、次の@は場所ではなく、所属バンド名です。

キャップとか、日焼け止めとか、前日の準備は完了。
明日は、朝一の「のぞみ」で大阪へ、その日は大阪で泊り。
月曜日は大阪郊外?で少し遊んで、夜帰ってきます。
僕と(R)が行く大阪郊外っていったら一箇所しかないよね。

それでは、行ってきます。

本日のBGM:Second Coming By The Stone Roses
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-10 21:06 | (H)@モスクワ
サマソニ@大阪が迫ってきた。
少し前に作戦会議を開いて、(R)@モスクワと作業分担をしたので、準備は概ね順調だ。
(会場最寄のJR桜島駅からのシャトルバスの予約なんてのも結構重要だったりする)
その作戦会議では、作業分担の他に音源交換なんかも。
(R)からは、チープトリックの1st&2ndを借りて、僕はジェイク・バグと、今年のサマソニには関係ないけど、きっと気に入るだろうと思って、グリーン・デイの「American Idiot」を渡しておいた。

「グリーン・デイは聴く?」
「ベスト盤を聴いたことがある」
「それは、たぶん初期のベスト盤だけど、ちょっとブルーハーツに似ているよね」
「そうだね、うん、似ている」
「このAmerican idiotはね、そうだなあ、ブルーハーツが解散せずに、歴史に残る傑作を作りたいと真剣に考えながら、あと5年辞めずに頑張っていたら作れたかもしれないような作品だな」
「何、それ」
「まあ、ありえないって事なんだけどさ。このアルバムの前に彼等は6枚アルバムを出していて、それはそれでカッコいいんだけど、このアルバムに入っていてもおかしくないような曲は、全部あわせても2曲ぐらいだよ。それぐらい充実している。奇跡のアルバムだよ。」
「そう、それは楽しみだ」
この説明では、さすがに何がなんだかわからなかったか?

「ジェイク・バグはね、ボブ・ディランのような曲とオアシスのような曲が混ざっている。フォークっぽいから(R)はちょっと微妙かも。」
「ボブ・ディランとオアシスって正反対じゃないの」
「聴けばわかるけど、そんなに違和感なく溶け合っているよ」
「へえ」

後日の彼の反応は予想通り。
「グリーン・デイは、相当イイね」
"相当"というのはたぶん最上級のホメコトバだろう。
そして、ジェイクバグには触れず。
でも、ライブを観たら、きっと印象が変わるはずだ。
Youtubeに溢れるライブ音源を観ればわかるけどね、彼はまちがいなく本物だ。

いや、1週間くらい前って何か楽しいね。

本日のBGM:Cheap Trick By Cheap Trick
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-06 00:33 | (H)@モスクワ
今朝の讀賣新聞には、「読書委員」が選んだ「私のイチオシ文庫」なる特集が。
まあ、この手の記事に触発されて読んだりすることはないけど、一通り眺めたりはする訳で、面白いと思ったのは意外と小説が少ないなということ。
歴史関係とか、自伝とか、哲学、民俗学の関係もあった。
僕なら、小説で、いい加減しつこいけど村上龍の「五分後の世界」か、あるいはディック・フランシスの競馬ミステリーシリーズから「大穴」だな。
ちなみに、長らく読書委員を務める小泉今日子のイチオシは、「寺山修司少女詩集」。

さて。

昔、何となく夏向きの小説、村上龍の「半島を出でよ」について記事を書いた事があった。
その中で、小説の中で読んだ時から、そして引用して記事にした時から、アタマの片隅に残っているのが、今日のタイトルのコトバだ。
「このことだけは何度も言うし、大事なことだから一回しか言わない」
「何度も言う」と「一回しか言わない」は完全に矛盾するし、おそらく村上龍も感覚的に書いただけだろうから、真剣に考えても仕方がないのだろうけど、何となく気になる。
僕は、このコトバを、「同じことを繰り返し言うけど、説明するのは一回限りだ」という風に勝手に解釈しよう。
そして、もうすぐ夏の甲子園だから、高校野球について、去年と同じこと言おう。
説明するのは今回限りだけど。

去年「応援しているチームに勝ったチームを応援するのが高校野球の哲学だ」と書いた。
プレイヤーの立場で言うと、自分達に勝ったチームが勝ち進むのを祈る、ということになる。
何故なら、少し前にも書いたように、高校野球は完全なトーナメントなのです。
優勝するチームを決めるためのトーナメントは、その他のチームが負けるためのトーナメントでもあるのです。
自分達なりに1年間、3年生は2年半努力をして、最後の夏の大会に挑む訳です。
力が出し切れなかった事も含めて、全力を尽くして、それでもより強い相手には負けてしまう(1チームを除いて必ず負ける)。
そして、試合終了の挨拶で握手をして、相手の選手の掌を触った時に、才能だけでなく努力も劣っていたかもしれないと感じたりする訳です。
そうすると、その相手をリスペクトする気持ちが生まれる。
負けて悔しいから自分達に勝ったチームなんか、負けてしまえという風には、それはならないよね。
ところが現実としては、上には上がいて、その相手もあっさり次の次の試合くらいで甲子園に出場したチームに完敗するとか、そういうことが普通に起きる。
この繰り返しですね。
自分達に勝ったチームをリスペクトし、そのチームに勝つチームがあったらそこを応援するように自然となっていく訳です。
プレイヤーでなくなっても、その延長で、「応援しているチームに勝ったチームを応援する」ようになる訳ですね。

まあ、そんな訳で、毎年千葉県の代表チームを応援しているので、今年も木更津総合高校を応援します。
去年のチームの方が強い気がするけど、去年は初戦が優勝した大阪桐蔭だった。
完敗だったけど、今日、巨人を0点に抑えた藤浪君から、ホームランを打った子もいたな。
そして、最後に登板した1年生の子が今年はエースだ。
いやあ、夏だね。
そして1年は早いねえ。

本日のBGM:Born In The U.S.A. By Bruce Springsteen
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-05 00:11 | (H)@モスクワ
もう8月か。
恒例なので貼っておこう。
今月はアークティック・モンキーズ。
d0017596_823104.jpg

今は、まだだけど、いつかピンとくる日がやってくるかもしれない。

引き続きブルース・スプリングスティーンの話。
彼は、最初聴いた時からガツンときたな。
今から33年前の事だけど。

さて。

彼は頻繁にFacebookを更新するので情報収集が簡単だ。
先日も彼のFacebookにローリングストーン誌が発表した「50 Greatest Live Acts Right Now」なるランキングへのリンクが。
現在の最高のライブアクトって感じだろうか。
「現在の」ってところがミソだな。
全盛時代の比較ではない。
何故か野球の話になるけど、伊藤智仁とダルビッシュ有はどちらがスゴイかという話ではないってことだ。
そしていきなり戻るけど、そんな、若くてエネルギッシュなバンドが多少なりとも有利になりそうなランキングにも関わらずスプリングスティーンは堂々のトップ。
ちなみに、2位はプリンス、3位はローリング・ストーンズ。
その後は、4位アーケード・ファイア、5位ニールヤング。
4位以外は見事にベテランが揃った。

これは二つの側面があるな。
一つは若いバンドはどうした?年寄(失礼!)に勝てないのかって話。
2位50代!、1位60代!!、3位もうすぐ70代!!!だからね。
もう一つは、前回の記事に書いたけど、スプリングスティーンに関しては冗談抜きで今が全盛時代かもしれないって話。
若い頃からライブに定評があった彼が(もちろん個人ではなくE.ストリートバンドが)昔と同じか、あるいはもっと良いかもしれないパフォーマンスをしている。
これは1位も納得。

彼を観ると、60代なのに、こんなにスゴイって感じにならない。
年齢を超えて、純粋にスゴイって感じになる。
今回のツアーは是非映像化して欲しいな。

本日のBGM:The Stones Roses By The Stones Roses
[PR]
# by moskva_world | 2013-08-03 08:32 | (H)@モスクワ

裏「モスクワ・ワールド」。表へは「Link」からどうぞ。


by moskva_world